メインマシン『自作 ASUS P8Z77-V PRO/i7 3770K3.5GHz』

2012年6月に導入していまだに現役のメインマシン。スペックは以下の通り。

CPU Core i7 3770K/3.5GHz
メモリ 16GB
マザーボード ASUS P8Z77-V PRO
ストレージ Samsung SSD EVO 500G
ビデオカード ZOTAC GeForce GTX 570

5年前のパソコンなんてもう化石だろう、と思いきやCPUのベンチマーク(Passmark)の値は「9550」。2017年4月現在18万円する「Core i7-6950X」の値は「20020」ですのでそれと比べれば半分以下の性能なのですが、現在一般的に普及していると思われる「Core i7-6700K」(市場価格35,000円前後)の値は「11119」ですので、ほとんど差はありません。実際、昨年サブマシンとして購入したCintiq companion2などは、比較的新しいマシンではあるにも関わらず搭載されているCPUは熱と消費電力を抑えた低性能のCore i5-4258U 2.40GHzでベンチマークは「4079」。ですので、正直それよりずっと速くて快適です。いつの時代もデスクトップ用の比較的速いCPUを選んでおけば長持ちして良い、ということでしょうか。

そんなわけで現在もほぼ不満は無いのですが、あえて不満点をあげるとしたら、そのマザーボードの古さ。例えば最近であればUSB-Cが乗っかっていたり、あるいはすごく速いメモリに対応したスロットが付いていたりとするわけですが、やはりその点では最新型には劣ります。あと、ビデオカードもショボイ。

ですので次に買うときは、マザーボードから何から総取っ替えになりそうです。が、それだと自分で組む意味もあまりないため……おそらく次は普通に組み上がってる物を買います。
時代によってMacが良かったり自作機が良かったりメーカーPCが良かったりと変わっていきます。が、今はどう考えてもメーカーPCがオススメです。HP Z2 Mini G3とか良いなぁー、とか思って狙っています。

好評発売中

マンガの描き方 CLIP STUDIO PAINTで描くマンガの描き方の教則本、好評発売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

マンガ家のおぎのひとしです。大学で学生にマンガの描き方を教えながら、自身もマンガやイラスト執筆の仕事を続けています。 2018年6月現在、学習系のマンガやイラストの執筆や2016年6月に生まれた娘の世話などしつつ、日々忙しく過ごしております。