『Luna Display』到着!

キックスターターでチェックしていた「iPadをMacの液晶タブレットとして使用可能にするデバイス」、『Luna Display』が到着しました!

早速開封


本体は非常に小さくて軽い。

ポートはミニディスプレイとUSB-Cから選べるのですが、僕はUSB-Cを選びました。これをiMacProに接続します。

いざ接続


そして接続。Mac用のアプリケーションとiPad用のアプリケーションをそれぞれ起動するとバッチリ認識。無事に液晶タブレット風に使えるようになりました。
ただし、ここで注意。アプリケーション「Luna Display」はApple Pencilの筆圧に対応していません。もし筆圧を有効にしたい場合はMacでもiPadでも「Astropad」を使いましょう。Astropadは通常ミラーリングのみですが、MacにLuna Displayが接続されている時のみ、iPadをマルチモニタとして認識してくれます。

そんなわけで、Astropadを起動して色々使用してみたところ……全く問題ないですね。描き味はAstropadとほぼ同様。でも、Mac本体とiPadとで別の画面を表示させることが出来るので……作業効率は格段に上がりました。「Mac本体に資料を表示させながらiPadで作画」等々、今までやりたくても出来なかったことが普通に出来ます。
個人的に、Cintiq Pro13を買うのであれば「iPad Pro12.9+Luna Display」でもいいんじゃないかな、と思います。コスト的には大差ないどころかiPad Pro+Lunaの方が高いですが、単体のタブレットとしても使えることを考えるとこちらを選ぶ意味もありそうです。

また後日、描き味などについて、追加でレビューしたいと思います。

好評発売中

マンガの描き方 CLIP STUDIO PAINTで描くマンガの描き方の教則本、好評発売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

マンガ家のおぎのひとしです。大学で学生にマンガの描き方を教えながら、自身もマンガやイラスト執筆の仕事を続けています。 2018年6月現在、学習系のマンガやイラストの執筆や2016年6月に生まれた娘の世話などしつつ、日々忙しく過ごしております。