『VINTAGE VAULT3』

UVIのソフトシンセコレクション『VINTAGE VAULT3』が発表されました。相変わらずもの凄いボリューム。65インストゥルメント、10,000超プリセット、500,000超サンプルですってよ、奥さん。

VINTAGE VAULTとは

要するにUVIのソフトシンセ詰め合わせです。ビンテージ系を中心にかなりの数が入っています。
UVIのソフトシンセは古い機器のエミュレーションではなく「その機材の最も愛された音」をサンプリングした後様々な加工を施して作られているため、ファイルの容量はかなり大きめですが、その分良い音がすると思います。

今回の目玉

ちょっと前に発表された『FM Suite』が収録されているのも嬉しいですが、一番の目玉は新しいソフトシンセ『JP Legacy』でしょう。
JP?JAPAN?日本?と思ったのですが、どうやらそれ以外にも意味がある模様。そう。今回収録されているシンセはRolandの「JUPITER」が元になっています。1つだけラックの「MKS-80」が含まれていますが、これもJUPITER-6をちょっといじったモノらしいので、実質JUPITERですね。なので「JP」は「JAPAN」でもあり「JUPITER」でもあるってことですね。

日本のアナログシンセの代表格JUPITERシリーズは今でも大変人気があるようで、中古でも比較的高値で出回っています。ARTURIAからソフトシンセが出ており、これもとても良い物のようですが、『JP Legacy』ほど大規模な物は今までありませんでした。『JP Legacy』は容量にして34GB。デカすぎる…!

安く購入!

僕はかなりの数のUVI製品を購入しているため、値下げ用のチケットがメールで届きました。そのチケット番号を入力したところ、かなりの割引率!実質3,000円ちょっとで『VINTAGE VAULT3』を手に入れることが出来ました。

まとめ

実のところ『FM suite』は気になってはいたものの購入は見送っていた、と言うこともあり、今回のアップグレードは非常に嬉しいです。『FM suite』と『JP Legacy』が使える、というだけでアップグレードの価値ありです。

先日購入した『TRITON』もそうですが、立て続けに気になるソフトシンセが発表されました。これはもう「曲作れ」といっているような物ですね。
それこそ20年近く作曲からは離れていましたが、今年中には何か動こうかと思います。
せっかくなので制作過程とかブログにアップしようかな。

ビンテージシンセとドラムマシーンのアルティメイトコレクション!65インストゥルメント、111ドラムマシーンそして10,000超のプリセットはどれもシンセ史を刻む実機の質感そのままのサウンド!

好評発売中

マンガの描き方 CLIP STUDIO PAINTで描くマンガの描き方の教則本、【改訂版】!好評発売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください