「漫画LABO」の話

クリーク&リバー、漫画家の安定収入と知的財産の管理を行う「漫画LABO」を開始!...
クリーク・アンド・リバー社<4763>は、漫画制作に関わりながら、 活躍を目指せる「漫画LABO(ラボ)」を組成し、 5月より活動を行っていると発表した。「漫画LABO」は、これまで取次・...

いわゆるアレですね。GANMAにおけるRouteM。良く捉えるなら「作家の卵をサポートして安定収入を約束する」ということだし、悪く捉えるなら「それぞれの会社で作家の卵を囲い込み自社だけの利益にする」ということです。詳細はまだ調べきっていないのでわかりませんが。

個人的に気になるのは、その権利関係。ヒドイところになると打ち合わせの時に出たアイディアすら他社で使用禁止、とか言う契約とかもあるらしいですしね。そういうのって結局長い目で見ると業界の首を絞めることにもなりかねません。作家にとって有利なサービスだと良いんだけど。

さて、こういった取り組みが生き残っていくのかどうか。長い目で見守っていきたいと思います。

好評発売中

CLIP STUDIO PAINTで描くマンガの描き方の教則本、好評発売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マンガ家のおぎのひとしです。大学で学生にマンガの描き方を教えながら、自身もマンガやイラスト執筆の仕事を続けています。 2017年4月現在、CGに関する教則本の執筆や昨年6月に生まれた娘の世話などしつつ、日々忙しく過ごしております。