新機材導入計画

機材を入れ替えよう

現在、絵の機材も音楽の機材も入れ替えを行っております。
発端はメインマシンとして使用していたWindowsマシンの不調。マザーボードのUSB端子が徐々に認識しなくなり、ついに先日全て使用不可に。現在は別途用意したUSB等を増設するボードを使ってしのいでいますが、おそらくこれが使えなくなるのも時間の問題かと。2012年から使っているマシンなので、これは寿命でしょうね。

そんなこんなでメインのパソコンを入れ替える事は決まったわけですが、そうなると気になってくるのが現在接続している各種周辺機器の古さ。例えば液晶タブレットは2013年発売のCintiq13 HDですが、すっかりくたびれて液晶内部にもゴミなどが入りまくってます。
他にも、液晶モニターは「そのうちちゃんとしたのに入れ替えよう」と思って買った低価格のTN液晶ですし、スピーカーもいつ買ったのかも思い出せないほど古いもの。とにかく全てにおいて「一世代から二世代は古い」のです。

サブマシンであるMac miniは2017年5月に内蔵HDDをSSDに変えた結果、驚くほど快適に動くようになったわけですが、やはり「サブ」は「サブ」なので、重い作業には向きません。こちらも2013年に購入したマシンなので仕方ないんですけどね。とにかく、メインもサブも古いです。

WindowsかMacか

普通であれば、Windowsが壊れたのだから次もWindows…と言う事になると思います。しかし、最近のWindowsはどうにも良くありません。例えば大学の研究室に置いてあるマシンは更新だけで半日かかり、その後も起動に30分近くかかるなどヒドイありさまです。これは、学内のプロキシが影響しているようでそのまんまWindowsのせいとも言い切れないわけですが、それにしたってヒドイ。仕事になりません。せめてアップデートの間隔を自分で決めさせてくれれば良いのにそれも出来ず、現在打つ手無しです。
そういった事情もあり、Windowsはなるべく避ける方向で考えたい。となるとやはりMacになるわけですが、なかなか選択が難しい。Mac miniはアップデートされていないしiMacも年末にiMac Proが発売される、という情報があるため今はタイミングが悪い。なので、少し待ちつつ他の環境を整える事にしました。

2018年5月にはLuna Displayが販売開始

iPadをMacの外部ディスプレイとして使用可能にするハードウェア「Luna Display」が2018年の5月に発売されます。このプロジェクトはKickStarterで始められ、僕も出資しています。
「CLIP STUDIO PAINT EXがiPadで動くんだからそんな物はいらないのでは」という意見もあると思うのですが、それはあくまでCLIP STUDIO PAINTに限っての話です。例えばAdobe系のソフトを使いたい、と思った場合、どうしてもMacが必要になるし、何かしらのタブレットが必要になるわけです。
そんな時、通常であればワコムの製品を選ぶわけですが、我が家のワコム製品は最近非常に調子が悪い。Cintic Companion2も何回も壊れ、ようやく修理が終わったばかりです。
もちろん「ワコム製品を使わない」という選択肢はありませんが、これだけ不調が続くとそれ”だけ”を使用するというのはやはり怖い。ですので、次のメインマシンには先日購入したiPad Proを繋げて、それを液晶タブレット代わりにしたい、と考えました。サブマシンにはワコム。メインマシンにはiPadって事ですね。これであれば、同時に壊れる、という事も無いでしょう。

ついでに音楽機材も入れ替え

前述したスピーカーだけで無くキーボード(鍵盤の方)やらなんやらもそれなりに古いです。オーディオインターフェイスも古い。ですのでそれらもまとめて入れ替えた方がよさそう。ただ、予算を考えるとそれぞれを別に買いそろえるほどの余裕はありません。なので、出来る限り機能をまとめる事にしました。現在の計画は以下の通り。

メインマシン
iMac Pro
数年買い換えなくても良さそうな高スペック。さらに液晶一体型なのでモニターを買う必要もありません。
それとおそらく、仮想環境としてWindowsをインストールしても十分使えるだけの速度はありそうなので、簡易的なWindowsマシンとしても使えそうです。
液晶タブレット
iPad Pro(購入済)
現在大活躍中のiPad Pro。こちらを液晶タブレットとして流用します。現在はDuet DisplayかAstropad studioなどのソフトウェアベースによる液晶タブレットもどきとしてしか使えませんが、5月のLuna Display導入で問題は払拭されるはずです。
スピーカー
iLoud micro monitor
Bluetooth搭載の小型モニタースピーカー。パソコンの出力はケーブルで。iOS系のデバイスの出力はBluetoothで繋げれば色々と活用出来そうです。
キーボード
iRig KEYS I/O 49
キーボード兼オーディオインターフェイスという珍しい製品。パッドもついているしこれ一台でDTM的な物はほぼまかなえそうです。

冬のボーナスでiMac Pro。また、自分用の誕生日プレゼントとして音楽機材の購入を検討中です。また、揃い次第記事を書きたいと思います!

好評発売中

CLIP STUDIO PAINTで描くマンガの描き方の教則本、好評発売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マンガ家のおぎのひとしです。大学で学生にマンガの描き方を教えながら、自身もマンガやイラスト執筆の仕事を続けています。 2017年4月現在、CGに関する教則本の執筆や昨年6月に生まれた娘の世話などしつつ、日々忙しく過ごしております。