『ボイラーのひみつ』公開!

学研マンガでよくわかるシリーズ183『ボイラーのひみつ』を執筆させていただきました!

ボイラーと言えば「お湯を沸かす機械」と言うことくらいはわかっていても、実際どんなしくみなのか、どんなことに使われているのかを知っている人は多くないと思います。そんな人でも、この本を読めば全てわかります!

あらすじ

お湯をたくさんわかしたり、蒸気をつくったりするのがボイラーという機械なんだ。なかなか見ることはできないけど、どんな所で、どんなふうに使われているのかな? じつは、みんなの身近な所で使われているんだよ。いったいどこでどんなことに使われているんだろう……。ボイラーっていつから使われだしたんだろう? この本を読めば、ボイラーのことがとてもよくわかるよ!

マンガひみつ文庫より引用

頭が良く活発な女の子ミズキと、ちょっと気弱な弟ユウ。そしてミズキのクラスメートであるスイミングスクールの息子、アツシ。その三人に、ボイラーの精である「エムピー」が加わり、みんなで「ボイラーを知る旅」に出かけます。

ボイラーとは?

お湯をたくさん沸かしたり蒸気を作ったりする『ボイラー』。それには様々な種類があり、そして様々な場所で使われています。

今回は工場を取材させていただいたり、実際にボイラーが使われている現場にお邪魔させていただいたりと、非常にお世話になりました。久しぶりの100ページオーバー。大学の仕事をしながらの作業は大変でしたが、それでも、良いものが出来たのでは無いかな、と思います。

無料公開中!

こちらの作品は、下記のサイトで無料公開中です!もちろんいつも通り、小学校の図書室や、全国の図書館で読むことも出来ます。興味のある方は、是非どうぞ!

学研の「まんがひみつ文庫」○○○のひみつが読めるよ

好評発売中

マンガの描き方 CLIP STUDIO PAINTで描くマンガの描き方の教則本、【改訂版】!好評発売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
おぎのひとし
マンガ家のおぎのひとしです。大学で学生にマンガの描き方を教えながら、自身もマンガやイラスト執筆の仕事を続けています。 2020年3月現在、学習系のマンガやイラストの執筆や自閉症の息子と娘の育児等、日々忙しく過ごしております。