SampleTank4MAX購入

SampleTank4MAX

先日発売されたIK Multimediaのマルチ音源、SampleTank4MAXを購入しました。SampleTank3からのアップグレードになります。

実は元々、購入するつもりはあまりありませんでした。僕はUVIの音源をかなりの数持っていますので、これ以上音源を買ったところで使いこなせない、と考えていたのです。

が、SampleTank4の情報を調べると、なかなか良さそうなのです。3時代に気になっていた「ウィンドウのサイズを変えられない」という問題も解消し、音も良くなっている模様。さらに同社のMIDIキーボード「iRigKeys I/O」に完全対応し、設定なしでスピーディに音をいじれる、とのこと。僕はこのiRigKeys I/Oを持っているので、これが決め手になりました。

実際買ってみると、まずサンプルをダウンロードするのが大変…。なんたって250Gありますし、複数ファイルは分かれてるし。結局数日がかりで全部ダウンロードし、インストールしました。

発売後、立て続けに二回ほどアップデーターが配布されましたが、その後は安定。我が家のiMac Proでも快適に動作しています。
iRigKeys I/Oとの連携も想像通りで、上記の画面下部のパラメーターをノブで調整出来ます。リバーブを切ったり入れたりとか簡単です。

SampleTankの一般的な使い方は「とにかくたくさんの音が入っているのでまずはこれを使ってざっくり曲を作ってから、別の専用音源に差し替える」というものでした。ただ4は「音がよくなってるから完成まで持っていけるよ!」とのこと。

まだ使い込んでいないため実際はどうだかわかりませんが、ちょっと聴いたカンジではなかなか良さそう。ぼちぼち使っていこうと思います。

SampleTank4Trailer
SampleTank 4 is the latest version of the IK Multimedia sound and groove workstation virtual instrument with an extensive sound, instrument, and groove library

好評発売中

マンガの描き方 CLIP STUDIO PAINTで描くマンガの描き方の教則本、好評発売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

マンガ家のおぎのひとしです。大学で学生にマンガの描き方を教えながら、自身もマンガやイラスト執筆の仕事を続けています。 2018年6月現在、学習系のマンガやイラストの執筆や2016年6月に生まれた娘の世話などしつつ、日々忙しく過ごしております。