東京マルチメディア専門学校・ビジュアルデザイン科

東京マルチメディア専門学校ビジュアルデザイン科

間もなく新学期です。本日は僕が講師として通っている学校のうちの一つ、「東京マルチメディア専門学校・ビジュアルデザイン科」を紹介するブログ記事を書いてみました。さすがに今年度には間に合わないと思いますが、来年度以降の進学の参考になれば、と思います。

●ビジュアルデザイン科とは?
イラストやデザイン全般を教える学科です。イラストレーター、デザイナー、マンガ家…等々。「絵を描くスキルを活かしたいけどどの方向に行けば良いのか決めかねている」という人にオススメです。
●メリットは?

1)立地が良い

総武線大久保駅から徒歩一分。山手線新大久保駅から徒歩三分です。

2)機材が揃っている

教室によりばらつきはありますが、Adobe Creative Cloudが導入されCLIP STUDIO PAINT EXも最新版を入れてもらっています。液晶タブレットはありませんが、通常の板タブは揃っています。

3)基礎がしっかり学べる

この学科でデッサンを担当されている先生は、学生時代の僕の恩師です。ベテラン中のベテランです。

4)学費が安い

年額70万円前後。一般的な専門学校の半額近いはずです。だからといって講義がスカスカと言うことは無く、かなりギッチリ詰まっています。

●デメリットは?

1)就職には厳しい

まだ出来てそれほど年月がたっていないということもあり、就職先とのパイプが太くはありません。「卒業後は必ず就職したい」という方にはあまり向いていないでしょう。
ただ、フリー志向であったり、就職先は自分で見つける!といったようなアクティブな方であれば問題ありません。

2)たまにやる気のない留学生がいる

土地柄、大久保界隈の学校にはたくさんの留学生が学びに来ています。もちろん真面目な留学生も多くいるのですが、たまに学業はオマケ…と思っている留学生などがいたりします。そういう学生に付き合っていると、モチベーションが下がりまくってしまう可能性があります。
自分なりの強い意志を持っている人であれば大丈夫ですが、くれぐれも気をつけて下さい。

3)節電しすぎ

震災以降、現在も節電を続けています。これ自体は悪いことではありませんが、その影響でエレベーターが使用不可です。現在、ビジュアルデザイン科の教室は四階ですので、そこまで階段を使う必要があります。
ただし、足が不自由な方などは特例としてエレベーターの使用が許可されることもあるようです。

●まとめ
学費が安いため、覚悟せずに入ってくる学生などがいたりしますが、残念ながらそういう人はたいてい途中でやめていきます。
そのように、かなり学生を選ぶ学科ではあるのですが、深く学ぼうとすればするほど役に立つ学科だと思います。
なお、僕の担当科目はCLIP STUDIO PAINT基礎、及び応用です。興味を持たれた方は是非どうぞ。

東京マルチメディア専門学校 -都築学園- マンガ・ゲーム・アプリ・デザインを学ぶ
僕が講師として通っている、東京マルチメディア専門学校のホームページです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.