CLIP PAINT Lab簡易レビュー

ComicStudioIllustStudioで有名なセルシスさんが新たに開発したグラフィックソフトのベータ版であるところの「CLIP PAINT Lab」をちょっと使って見ましたので、簡単にレビューなどしてみたいと思います。

このソフトは「「TRIGLAV(トリグラフ)」エンジンを採用したイラスト制作ソフト」だそうです。端的に言うと「描画速度が速くなったよ」と言うこと。
実際ちょろっと試してみたところ、太い線と細い線とで速度の差はほとんど感じられませんでした。
これは、鉛筆ツールでもペンツールでも筆ツールでも同様。今までであれば太くすればするだけ描画に遅延が発生していたことを考えると、確かにこのエンジンは画期的なものなのかも知れません。
で、ザックリと描いてみたものがこちら。ペン入れも何もしてませんので雑ですが、まぁ雰囲気は伝わるかと思います。

筆ツールの色の延びであるとかも十分。レイヤーとかも違和感なく重ねられます。選択範囲ツールの挙動もまぁまぁ。
何より、描いている時の描画速度的なストレスがほとんど無いのが素晴らしい。しかし…
こちらが鉛筆ツールの詳細なプロパティ。人によっては「色々あるな」と感じるかも知れませんが、PhotoshopやIllustStudioに慣れていると「これだけしかないのか!」という印象。そもそもペンツールも鉛筆ツールも筆ツールもエアブラシツールも基本的に同じパラメーターしか存在していないというのがスゴイ割り切ってるように感じます。
確かにプレビューで機能の効果を解説してくれている部分などは親切で、見た目にもわかりやすい。
ですが、例えば水彩独特のエッジのにじみであるとか、そういった細かい設定がどこにもない。あとは筆以外の機能だと定規系もないし、グラデーションツールすらない。

もちろんまだ開発途中のベータ版なので色々足りていない…と言うことなのだとは思いますが、例えばもし「筆にそれらの機能を追加したら遅くなっちゃった」とかだと本末転倒なので、このあたりは高性能な描画エンジンの利点を活かした上での機能強化を期待したいところです。

ちなみに、他にも例えば、新規書類を作ろうとすると、こういうウィンドウしか出ない。解像度こそ選べますが、「ピクセル」以外選べない。要するに「センチ」とか「ミリ」とかが選べません。
とは言えこの辺は「まだ作り途中だから」という雰囲気をプンプン感じます。確実に製品版になった時に強化される部分でしょう。

以上、「まだまだ開発途中で荒削りだけど、描画速度の向上などかなり期待出来る部分は多い」…というのが、非常におおざっぱな感想です。

最後に気になるのはすでに発売されているIllustStudioとの棲み分け。個人的には「CLIP PAINT Labは初心者用の格安グラフィックソフトとして発売。IllustStudioはトリグラフエンジンを採用し高速化」とかだとわかりやすいなぁ、と思いました。
ただ、CLIP PAINT LabはWin&Mac両対応。IllustStudioはWinのみ…なので、そう簡単にはいきそうにもないですね。

これから先、数年のグラフィックソフト勢力図はどうなっていくのか。動向をうかがっていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.