3Dモデリングソフトを導入

Metasequoia…メタセコイアと言えば、昔から有名な3Dモデリング専用ソフト。これがあればComicStudio用の背景3Dデータとかを作成可能です。

実は今までどうしても「これだ!」という3Dグラフィックソフトを決めることが出来ませんでした。というより、自分のマンガに3Dモデルが必要だとは思えなかった…というのが実際の所です。
ただ、それだと結局広がりがない。せっかく「3Dモデルが使える」というのに全然使わないというのはソフトに申し訳が立たないし(?)何より自分自身の作品の幅を狭めているようにも思えます。とりあえず何かしら3Dモデルを作ってみてそれを漫画で活用して、それから継続して使うか使わないかを判断すればいいのではないか、と。

実は今までも漫画に3Dモデルを使ってこなかったわけでは無いのですが、どうにも環境が定着せず。「Shadeは使いづらいなぁ。やっぱりコミスタならLightWaveかなぁ」と悩んでるうちに時間だけが過ぎてしまったわけです。
数年前にフリー版のメタセコイアを導入し練習したこともあったのですが、やはりそれだと色々と制限が多い。と言うわけでとりあえず今回正規版を購入することにしたというわけです。

そんなこんなで、まずは何かサンプルで作ってみることに。最初から複雑なものはムリなので、簡単なものから作ってみよう…ということで、普段仕事をしている机付きロフトベッドを作ってみましたよ。

出て欲しい線が出てなかったり、逆に出て欲しくないところに線が出てたりしますが、まぁ許容範囲内。これだけじゃ使えませんが、うまく仕上げすれば何とかなるかも知れません。
(ただこの程度であれば普通に手描きで描いてもそれほどの手間ではないと思いますが)

まだ、メタセコイア上でどれくらいのサイズで作るとコミスタ上でちょうど良くなるのかとかサッパリわかっていないので、その辺は追々調べていこうと思います。

「3Dモデリングソフトを導入」への3件のフィードバック

  1. はじめまして。
    私も、3Dの漫画への利用方をいろいろ模索しています。
    さて、メタセコイアの3Dモデルをレンダリングにて線画にするとき、どのレンダラーをお使いでしょうか?。差し支えなければ教えてください。

  2. すみません。文章を読むに…コミスタEXの3D機能のレンダリングでしょうかね?。

  3. >もみじ さん
    はじめまして!
    …で、そうですね!コミスタEXの3D機能を利用しています。
    かゆいところに手は届きづらいですが必要最低限の線画は出力してくれますし、足りない部分などはあとから簡単に描き足す事も出来ます。
    ですので、現時点では一番手軽で良いのではないかな、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.