Intuos3マーカー

ワコムのIntuos3にはオプションで、マーカーペンなるペンが存在しています。これは標準でついてくるペンと違い、まさにマーカー風のペン先と描き味を備えたペンなのです。

具体的には、軸の回転をしっかりとってくれる。なので、太い側で描けば太く描けるし、細い側で描けば細く描けます。
ComicStudioなどでは標準でマーカーペンなるブラシ設定が備わっているため、それを選べば、まんまマーカー風に描けます。漫画であれば、勢いのある描き文字とかに重宝です。

しかしPhotoshopの場合、これだ!というプリセットがなかなか見つかりません。探せばあるのかもしれませんが、わざわざ探すのも面倒。
というわけで先日、ちょうどマーカー風のタッチが必要な仕事が入ったのをきっかけに、ざっくりとブラシをカスタマイズしてみました。
ちなみに、いくつか描いたカットのうちの一つがコレ。「芸人の鉄拳風に頼む!」と言われたので、基本そんなタッチです(笑)。(現在発売中のファミ通DS+Wii三月号に掲載されています)
線画はComicStudio。塗りがPhotoshopです。本物らしくわざと塗りムラがあるのがわかるかと思います。もちろんこの程度のカスタムブラシであればどのソフトでも似通ったものができるとは思いますが、個人的にはPhotoshopが一番簡単にブラシを作成出来る気がします。

ポイントとしては、まず「回転」。これによりマーカーの形に合わせて太さが変わります。

次に不透明度と流量。これのコントロールを筆圧にすることで、紙に染み込む感じとかがある程度は表現出来ます。
他にもテクスチャとかを適用させてたりはしますが、そのへんはオマケです。

ちなみに色を塗り重ねる際ブラシの描画モードが「通常」だとあまりうまく重ならないため、ここを「比較(暗)」とかにしてあげると、マーカーっぽい色の重なり方になります。まぁ、この辺は好みだと思いますが。


このように、ソフトではなくハードによって得られるタッチが変わるというのは何とも面白いですね。
これからも引き続き活用していこうと思います。

※なお、最新式のワコムタブレット、Intuos4にはまんま「マーカーペン」という名前のものは用意されていません。その代わりに「Intuos4アートペン」というペンが回転にも対応しており、マーカーっぽいペン先も付属しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.