TUNEFOLIO URBAN for iPad (第3世代)/iPad 2レビュー

iPad用のケース、「TUNEFOLIO URBAN」を購入したので、簡単にレビューなどしてみたいと思います。



TUNEFOLIO URBANはTUNEWEAR社のiPad用ケースです。iPad用のケースやカバーというとお風呂のフタが有名ですが、これは背面がカバー出来ないことと、強力な磁石が使われており磁気カード類を近づけると情報が飛ぶ…というレビューを見かけたため、購入を見送りました。

そこで目を付けたのがTUNEFOLIO URBAN。これなら背面もカバー出来ますし、磁石の問題もなさそう。そして何よりデザインと機能性に惹かれました。


ふたを開けると、iPad本体を自由な角度で固定することができます。これにより、寝かせた状態で机の上で文字を打ったり、立たせた状態でムービーを見たりといったことが可能になります。


また、TUNEFOLIO URBANのフタには磁石つきの板(わかりづらいですが、写真中央の細長い物体です)が仕組まれており、これによりふたを閉じるだけでiPadの電源がオフになります。また、ふたを開けるとやはり自動的に電源がオンになります。


本体右端にはスタイラス用のホルダーが搭載されており、極端に太いスタイラスでない限りしっかりと挿しておけます。僕も某社のスタイラス(メーカーを失念してしまいました)を挿しています。


TUNEFOLIO URBANのもう一つの特徴がこのロングストラップ。これを使えば肩にかけることが可能です。財布をポケットに入れてこれを肩にかけて…という最小装備で出かけられます。便利。


とは言え、良い部分だけでもありません。このケース、iPad2と第3世代のiPad兼用となっております。しかし2と第3世代は微妙に厚みが違います。iPad2は8.8mm。第3世代iPadは9.4mm。わずかな差ですが、そのわずかな差がこういったケースには大きな影響を及ぼすようです。
ゴムなどを使うことで多少の大きさの変化には対応出来るようになっているのですが、それでもやはり第3世代は厚いようで、かなりギュウギュウに押し込む必要があります。それでも押し込みが足りないと上の写真の様に奥まで入りきらず微妙にボタンの位置とケースのへこみがずれてしまいます。気になる人は気になるかも。


さらに、向かって右側のサイドは最も厚みの影響を受けるようで、中央付近がほんの少し浮いています。イメージとしては、薄手の封筒に無理矢理厚い物を詰め込んだカンジ。ハッキリ斜めに浮いています。これも気になる人は気になるかも。


最後に背面カメラ。これはiPad2でも第3世代でも同じだと思うのですが、結構高い位置にカメラが付いているせいでケースの穴の中心から外れています。カメラ部分がケースの影になったからって映りに支障は来しませんが、これも気にし始めると気にする人はいるかも。とは言えこれはiPadの作り的に仕方のない気もします。

そんなこんなで駆け足で紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。後半、ずれに関する部分をいくつか紹介したため「ダメじゃん」と思った人もいるかも知れませんが、実は個人的には結構気に入っていたりします。
確かに各所各所で「もうちょっとフィット感が高ければなぁ」と思う部分もあるのですが、その他の基本性能が高いので、あまり気になりません。特に、好きな位置で立てられるスタンド機能は重宝しており、大活用しています。あと、スタイラスホルダーもいいですね。仕事柄ちょっとしたスケッチ風の絵を描くことも多いのですが、そういったときにサッと取り出せる。スタイラスをカバンから取り出すのとケースから取り出すのとでは、結構手間が違います。

季節は春。新学期。僕も間もなく学校での講義仕事が始まり、外出の機会が増えるので、TUNEFOLIO URBANに包んだiPadを、忘れず持ち歩きたいと思います。

TUNEFOLIO URBAN for iPad (第3世代) /iPad 2 – TUNEWEAR
TUNEFOLIO URBAN for iPad (第3世代)/iPad 2は、自由に角度調整できるスタンド機能が特徴の、ラバーバンド付き手帳型ケースです。カジュアルで丈夫なナイロン素材を活かしたシン …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.