『mojimo-manga』契約

フォントワークスが「mojimo-manga」を提供開始しました。これは、マンガやアニメなどで使われる事が多いフォントを集め課金制のサービスです。

「ラグランパンチ」や「ベビポップ」など、確かにどこかで見た事がある物ばかり。「アンチックセザンヌ」なども、CLIP STUDIO付属のイワタアンチック体とはちょっと違って良いカンジです。

定額制のフォントサービスは同フォントワークスのLETSやモリサワのモリサワパスポートなどがありますが、どれも年額数万円と高額。それと比べるとmojimo-mangaは年額3,600円とお得です。

プロの作家であれば文字入れは人任せのためあまり意味はありませんが、同人作家など趣味でマンガを描く人にとっては大きな武器になりそうです。商用利用OKなので、様々な場面で使う事も出来ます。

さしあたり、先日公開したYouTubeチャンネル上での動画で使ったりなんだり、色々試して見ようと思います。

好評発売中

CLIP STUDIO PAINTで描くマンガの描き方の教則本、好評発売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マンガ家のおぎのひとしです。大学で学生にマンガの描き方を教えながら、自身もマンガやイラスト執筆の仕事を続けています。 2017年4月現在、CGに関する教則本の執筆や昨年6月に生まれた娘の世話などしつつ、日々忙しく過ごしております。