『ASUS ZenPad 3S 10』購入

ASUSのAndroidタブレット、『ZenPad 3S 10』を購入しました。主に電子書籍閲覧用の端末として使う予定です。

もちろん現在所有しているiPad Pro(9.7インチ)でも電子書籍は読めますが、こちらは仕事や音楽、ムービー視聴に至るまで様々な用途に使っています。
個人的には「購入した電子書籍は常にダウンロード済みにして端末に入れておきたい」タイプです。その都度ダウンロードするのも良いのですが、やはりどうにも煩わしいし、外出先で書籍をダウンロードした場合パケット代も食ってしまいます。

もちろん、使い慣れたiPadを購入…という考えもあったのですが、電子書籍を読むことだけにiPadはちょっともったいない。かといってKindleは安いですが、Kindle以外の書籍を読むことが出来ません。

そこで購入候補の筆頭に挙げたのがASUS ZenPad 3S 10です。大まかなスペックは以下の通り。

OS タブレット:Android™ 6.0
表示機能 9.7型 、LEDバックライト 2,048×1,536ドット (QXGA)
IPS液晶
タッチスクリーン(10点マルチタッチ対応)
アンチフィンガー プリント加工
フルラミネーションディスプレイ
対応CPU MediaTek MT8176 ヘキサコア
対応メモリ 4GB
ストレージ機能 eMCP:32GB
ASUS WebStorageサービス:5GB(永久無料版)
Googleドライブ:100GB (2年間無料版)
グラフィックス機能 IMG GX6250
無線機能 無線LAN IEEE802.11ac/n/a/g/b
カメラ機能 500 万画素Webカメラ(前面)
800 万画素Webカメラ(背面)
インターフェース USBポート:USB Type-C×1
カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
搭載センサー GPS(GLONASSサポート)、加速度センサ、光センサ、電子コンパス、磁気センサ、ジャイロセンサ、指紋センサ
本体カラー スチールブラック、シルバー
サイズ 240.5 ×163.7 ×5.8 ~ 7.15 mm
質量 430 g

多少の違いはありますが、表示機能などは9.7インチのiPadと同等。このスペックで価格は35,000円前後。Proではない32GBのiPadより安いですし中古のiPad pro(9.7インチ)よりも安いです。

また、値段以上に重要なのが記憶容量です。大量に電子書籍をダウンロードするにはそれなりの容量が必要となってきます。ZenPadの内蔵メモリは32GBと少なめですが、iPadと違いmicroSDカードが挿せますのであとから容量を増やせます。特にこの部分に惹かれて、購入を決めました。


結果。iPad proと比べると色味の違いはありますが、普通に読む分には全く問題ありません。表示は綺麗だし速度も問題なし。128GBのSDカードを追加購入したため、容量的にも十分です。良い買い物だったと思います。
主に使っている電子書籍サービスhontoBookliveは二つともデータを外部メモリに置いておくことが出来ます。唯一Kindleアプリだけは外部メモリに書籍を置かせてくれませんが、これは「Kindleハードウェアを買え」ってことなんでしょうね。

というわけで、かなり気に入って使っています。この際自炊なども進めて、家の本棚を整理しようかとも思い始めました。

好評発売中

CLIP STUDIO PAINTで描くマンガの描き方の教則本、好評発売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マンガ家のおぎのひとしです。大学で学生にマンガの描き方を教えながら、自身もマンガやイラスト執筆の仕事を続けています。
2017年4月現在、CGに関する教則本の執筆や昨年6月に生まれた娘の世話などしつつ、日々忙しく過ごしております。