Mini DisplayPort → DisplayPortケーブル購入

OLD Mac mini(Late 2012)快適化計画第三弾です(すっかりシリーズになった)。今回はモニターへの出力ケーブルに関するお話です。

HDMIだと1920×1080まで

Mac miniにはモニター出力可能な端子が二つ付いています。一つはHDMI端子。もう一つがThunderbolt端子です。
このうちHDMI端子はモニタ専用の端子ですがThunderbolt端子はモニターやハードディスクなど様々な周辺機器を繋ぐことが可能です。ですので通常であれば「モニターに繋ぐならHDMIを使っておけば良さそうだ」と考えると思います。しかしこれが落とし穴です。
実はMac miniのHDMI端子は1920×1080までの出力にしか対応していません。HDMIの規格的にはもうちょっと大きなサイズまで出力出来るのですが、少なくともMac miniでは無理なのです。
Mac miniに繋げているモニターはPhilipsの258B6QUEB/11。4K!8K!と騒がれるモニター業界の中ではささやかなスペックである25型・2560×1440ではありますが、USB-Cでの入力が可能であったり(MacBookならこれ一本で充電も可能!)、必要なケーブルがこれでもかというくらい同梱されていたりと、なかなか良いモニターです。
ところがMac miniからHDMI経由で繋ぐと当然1920×1080でしか表示出来ません。これはさすがにもったいない。やはり高解像度で繋ぎたい!

ThunderboltPort → HDMIポートアダプタはNG

HDMI端子を使わず、Thunderbolt端子に変換アダプターを繋げてみてはどうか……と思い、手持ちのmini DisplarPort → HDMIPortアダプタを使うことを考えつきました。Thunderboltはmini DisplayPortの上位互換のため、一般のアダプターがそのまま使えます。
しかし結果はNG。いくらThunderbolt端子を使用してもHDMIに変換した時点で1920×1080までに出力が制限されてしまうようです。残念。

デュアルリンクケーブルは高すぎる

次に思いついたのが、アップル純正のApple Mini DisplayPort − Dual-Link DVI アダプタを使うこと。これであればDVI経由で高解像度で画像を出力出来るのは確実。
しかしこれ、異常に高価。税別でも1万円以上します。さすがにこんな物は買えない。

Mini DisplayPort → DisplayPortケーブル購入

そして色々探していたところ発見したのがコレ。Mini DisplayPort → DisplayPortケーブルです。わずか700円弱で購入可能だし、レビューを見るとMacとの接続も問題無さそう。と言うわけで早速購入しました。

結果、問題なくモニタの最大解像度2560×1440で出力出来ました。無駄に高い純正周辺機器を買わないで良かった!今までは毎回モニタをつけるたびに「キサマ低解像度で出力しているな?2560×1440で繋ぐと綺麗だぜ」的なメッセージが出てきて鬱陶しかったのですが、それも出なくなりました。

さらに快適になったMac miniの環境。冗談抜きであと数年使い続けられそうな気がしてきました。

Logitec 3T USB3.0HDD購入

2017.05.09

Mac mini(Late 2012)HDD→SSD交換

2017.05.04

好評発売中

CLIP STUDIO PAINTで描くマンガの描き方の教則本、好評発売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マンガ家のおぎのひとしです。大学で学生にマンガの描き方を教えながら、自身もマンガやイラスト執筆の仕事を続けています。
2017年4月現在、CGに関する教則本の執筆や昨年6月に生まれた娘の世話などしつつ、日々忙しく過ごしております。