『eRemote』購入

エアコンのリモコン壊れる

エアコンのリモコンをラーメンの丼に落とすという失態を演じてしまいました。水と塩。まさに電子機器即死状態。乾かしたあとも当然復活する気配は無く、完全に使えなくなってしまいました。

同じリモコンを注文する事も考えたのですが、それでは芸がない。と言うわけでちょっとだけ未来風に、スマートリモコンを購入してみました。

eRemote

今回購入したのは「eRemote」。温度センサー付きのスマートリモコンです。価格は1万円弱。同じシリーズでもう少し安価(6,000円前後)なeRemote miniという製品もありますが、こちらは購入時に在庫が無かったのと温度センサーが省かれている、ということで今回は見送りました。
Amazonなどのレビューではかなり賛否両論で評価が高いとは言えませんが、我が家では特に問題なし。マニュアル通りに無線LANに繋ぎ、スマホのアプリ「eHome」で問題なく操作が出来ました。感度等、全く問題なしです。外出先からでも操作可能。便利。

シーンを登録

eRemoteをコントロールするアプリeHomeには「シーン」という物を登録出来ます。例えば「おやすみ」というシーンを作成し「エアコンをオフ」「照明をオフ」等複数のアクションを登録しておけば、「おやすみ」ボタンを押すだけでそれらのアクションが実行される、という仕組みです。
これがなかなか便利で、活用しています。テレビだけは独立した「オフ」ボタンが無いためシーン内に入れづらいという欠点はありますが、それでも便利に使えています。

Amazon echoにも対応

しかもこれ、スマートスピーカー「Amazon echo」にも対応しているとの事。「アレクサ、電気を消して!」とか言うと消してくれるらしいのですが、残念ながら僕はechoを持っていません。spotifyが対応したら買おう買おうと思っているうちに機会を逃して今に至ります。この辺は、もうちょっと買い時を考えて試してみようと思います。

まとめ

買って良かったと思います。ただ、接続出来る無線LANが2.4GHz帯のみのため、そこだけ少し注意が必要です。特に我が家の場合、何故か2.4GHz帯だけ接続不能になる場合が多いため、その都度無線LAN機器を再起動しています。めんどくさい…。
と言うわけで、無線が問題なく届き、家中にリモコンで動かす家電が大量にある家庭であれば、間違いなく買いの製品だと思います。

好評発売中

CLIP STUDIO PAINTで描くマンガの描き方の教則本、好評発売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マンガ家のおぎのひとしです。大学で学生にマンガの描き方を教えながら、自身もマンガやイラスト執筆の仕事を続けています。 2017年4月現在、CGに関する教則本の執筆や昨年6月に生まれた娘の世話などしつつ、日々忙しく過ごしております。