お問い合わせはこちらまで…>おぎのひとしへメール
Google WWW を検索 このサイト内 を検索


□ニュース□


2014年7月16日発売!

CLIP STUDIO PAINT
マンガ制作テクニック

CSPマンガ制作テクニック

発行:工学社
著:おぎのひとし

新のマンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」を使って漫画を描く方法を詳しく解説!「ネーム」から「仕上げ」まで、これ一冊で全ての工程がわかります。

2012年3月3日発売!

こんどこそ!
レイヤーの使い方が
本当にわかる本

レイヤー本

発行:ソフトバンククリエイティブ
著:おぎのひとし
編:エマ・パブリッシング

イヤーについて解説した本は今までいくつかありました。しかしそれらは単なるメイキング本であることがほとんどで、本当の意味で「レイヤー」という機能を解説してはいませんでした。
本書はそういった不満点を解消すべく、レイヤーの基本…そして応用を細かく解説しています。PhotoshopとSAIに両対応!これでレイヤーの使い方が本当にわかります!

まんがでよくわかるシリーズ58

冷凍食品のひみつ

冷凍食品のひみつ
発行:学習研究社
漫画:おぎのひとし
構成:オフィス・イディオム
図書館専用書籍

理の苦手な女の子、レイとカナ。二人はあこがれの男の子に手作り弁当を作る時冷凍食品を使うことを思いつくが、調べるうち次第にその奥深さを知ることになり…!

これを読めば冷凍食品のひみつがわかります!

2010年2月1日発売!

まんが算数シリーズ1
分数

分数
発行:くもん出版
まんが:おぎのひとし

学校中学年以上向けの、まんがによる算数参考書です!シリーズ第一弾は「分数」。
森の守り神であるサスケを中心として、都会から引っ越してきた少年達が様々な事件に巻き込まれながら分数を学び、成長していく姿を描きます。初歩の初歩から解説しているため、分数に触れたことのない子達も安心。1,155円(税込み)。

2010年2月1日発売!

まんが算数シリーズ2
図形

図形
発行:くもん出版
まんが:おぎのひとし

学校中学年以上向けの、まんがによる算数参考書です!シリーズ第二弾は「図形」。
「分数」の登場人物に加え、不思議なこびと少女「レナ」と「ルナ」が面白くも複雑な図形の世界へと読者を案内します。平面から立体まで幅広く扱っているため、読み応えがあります。1,155円(税込み)。

まんがでよくわかるシリーズ35

紙のひみつ

紙のひみつ
発行:学習研究社
漫画:おぎのひとし
図書館専用書籍

学生の女の子「みらいちゃん」は、パパの誕生日プレゼントとしてペーパークラフトの犬を作ります。だけど…その犬が突然動き出したのです!「僕が紙のひみつを教えてあげる!」

これを読めば紙のひみつがわかります!

ホーム絵のページ>デジタルイラストメイキング基礎編
絵のページメニュー
デジコミメイキング

ComicStudio EXやPhotoshopを使った
デジタルコミックのメイキングです。

※ComicStudioEXはバージョン4.5、PhotoshopはCS5を使用しています。
※この「基礎編」ではComicStudioのみ使用しています。

基礎編

基礎編…>ラフ…>下描き…>ペン入れ…>仕上げ

実際の原稿を見ながら、その作業手順とレイヤー構成を紹介します。
漫画完成原稿
サンプル原稿完成
ラフ
どんな絵を描く場合も必要なラフ、そして下描きを描いていきます 
手描きの場合、ラフや下描きは鉛筆で描くことが多いと思います。従ってここでも各ソフトでそれに相当するツールを使いました。
ラフ〜コマ割り・フキダシ・ネーム
コマ割り

ラフの段階からすでに、しっかりとコマ割りをしてしまいます。コミックスタジオの場合、枠線定規を使えばコマを割るのも結合するのも簡単ですので、あまり考えずにバンバン割ります。

コマ割 コマ割レイヤー

フキダシ

フキダシのレイヤーの表現色は黒(1bit)です。フキダシやセリフにはあまり階調を必要としないため、軽さを重視してこの設定にしています。
ちなみに僕のネームはまず最初にセリフだけを全てのページに入れていきます。その方が後からの修正が楽なんですよね。

コマ割 フキダシレイヤー

ネーム(絵)

引き続き、絵を入れていきます。このときのレイヤーは解像度300dpi、グレー(8bit)です。
コミスタはグレーレイヤーの減色手法をいくつか選べますが、ここは「減色しない」を選びます。こうすると階調がなめらかに表示される手描きの見た目に近くなり、描きやすく感じます。

コマ割

ネームレイヤー


まとめ
全ページフキダシから描くにせよそうでないにせよ、フキダシ用のレイヤーとネームの絵レイヤーとは分けておいたほうが良いでしょう。そうすれば後からの拡大縮小等、構図の変更が楽になります。
下描き
ネームを下敷きにして下描きを描いていきます。
ネームレイヤーの表示を20%くらいの薄さにして、その上から下描きをしていきます。こうすればネームの勢いを残した形で下描きを描くことが出来ます。また、ネームをアタリとしても使えますので、作画の速度アップにも繋がります。
デジタルの利点は色々ありますが、こういった「レイヤーを分けて描ける」と言う部分はやはり、かなり便利な利点の一つです。
下描き
下描き
下描きレイヤーもネームレイヤーと同様の「解像度300dpi、グレー(8bit)、減色しない」です。やはりこれが一番描きやすく感じます。

なお、僕は手描き時代は一度たりとも水色のシャーペン芯を使ったことが無く、通常の黒いシャーペンで下描きを描いていました。しかしなぜかデジタルになってからは常に水色でネームも下描きも描いています。「この方が何となく目にいい気がする」という曖昧な理由によるものなのですが…我ながら不思議です。
下書き

下書きレイヤー


column
液晶タブレットの必要性
紙を使って漫画を描いた経験が長ければ長いほど、通常のタブレットによる下書き、ペン入れに対する抵抗を強く感じると思います。逆にアナログ経験が浅いと、抵抗なくデジタル作画が出来るようです。
ちなみに僕は前者で、どうしても通常のタブレットでは下描き及びペン入れが出来ませんでした。そのため長いこと「ペン入れした原稿をスキャンしてパソコンで仕上げ」と言うことを続けていました。
転換期が訪れたのは液晶タブレットCintiqを購入してから。正直「本当に液晶タブレットがあればネーム、下描き、ペン入れ…全て出来るようになるのだろうか?」と言う疑問はありました。言わば、バクチ。しかし結果としてそれは大当たり。今ではネームから先全ての作業を画面上でこなせるようになりました。
ただし、通常のタブレット歴が長い人の中には「液晶タブレットは手元が隠れるからキライ」という人もいます。確かに通常のタブレットであれば画面全体を見渡しながら描けますので、ペンを持つ利き手の下が隠れると言うこともありません。ですのでそういったタイプの作家さんの場合「液晶タブレットなんて必要ない」と言うことになります。
そんなこんなで、液晶タブレットは万人に勧められる…と言う物ではないですが、少なくとも僕のような~通常のタブレットが苦手な~人であれば、かなり便利に使いこなせる物である、と言えると思います。
まとめ
ネームがしっかり出来ていればあまり困ることもないはずです。ただし下書きの段階で多少の構図変更等はあり得ますので、その場合はネームを変形させるなり非表示にするなりして、より良い下描きを描きましょう。ネームを下敷きにするのは便利ですが、ネームに縛られすぎるのも良くないですよね。
ペン入れ
下描き、及びフキダシを薄くしてペンを入れていきます
ComicStudioが登場する前は、画面上でペン入れをすると言うのはかなり難しいことでした。しかしこのソフトが出て以降は、かなり手描きのタッチに近いペン入れをすることが出来るようになりました。むしろ、線が綺麗になりすぎるため、わざと手描き風な「ブレ」を再現しようと試みている人もいるくらいです。
ともあれ、この行程においても、レイヤーは大活用しましょう。仕上げよりもむしろ、ペン入れの段階でレイヤーを分けておいた方が、後からの作業が楽になります。
枠線~フキダシ~各種ペン入れレイヤー
枠線を変換
枠線定規レイヤーを右クリック。そして「レイヤーのラスタライズ」を選びます。
ComicStudioの場合「レイヤーの変換」から「コマフォルダを生成する」事も出来ますが、僕はこれを選びません。これだとレイヤーやらフォルダやらが増えまくって、管理が面倒になる気がするのです。
確かに使いようだとは思いますが、特に最初のうちはコマフォルダを使わず、単純なラスタライズで管理した方がいい気がします。
フキダシを描く
ペン入れの段階では、まず最初にフキダシを描きます。ネーム同様フキダシは分けて描いた方が圧倒的に後の作業が楽です。
なお、このときフキダシの中は真っ白に塗っておきます。こうしておけば枠線と同様、不要な部分が隠れますので、ペン入れの時に楽です。
フキダシ
市松模様部分が透明色。ペン入れや仕上げレイヤーはこれらの下に配置する。
ペン入れレイヤーの作成
人によりレイヤーの分け方はかなり異なりますが、「後からの修正が楽なように分ける」というのが比較的スタンダードかと思います。
ペン入れレイヤー

ペン入れレイヤー詳細


レイヤー詳細
効果音そのままです
効果音枠効果音が見やすいようにまわりを白で縁取った物です。
枠線定規レイヤー枠線定規を変換した物です。
フキダシ上で紹介した、白く塗りつぶしたフキダシです。
カケアミ人物の影などに使用しているカケアミです。
効果線集中線や流線などの効果線です。
主線主に人物を描くレイヤーです。
背景主に背景を描くレイヤーです。
まとめ

紙にペン入れをする場合「レイヤーごとに分ける」という考え方はありませんでした。しかし、デジタルの場合は、分けた方がはるかに楽に作業が出来ます。
アナログ作業の経験が長ければ長いほどこのあたりをデジタル的にするのは難しいようですが、なるべく早いうちに慣れて、自分なりのレイヤーの分け方を体得してみてください。。

仕上げ
仕上げのメインはトーン作業になります

通常ComicStudioの場合「トーンを貼りたい部分を範囲指定し、素材フォルダから任意のトーンをドラッグドロップ」という作業により、トーンを貼っていきます。
確かに特殊な柄のトーンの場合はそのように貼っていきますが、スタンダードな「アミトーン」であれば、トーン素材を使う必要はありません。グレーレイヤーの減色手法を「トーン化」にし、任意の線数を指定してあげれば良いのです。
例えば最も一般的なアミトーンの線数は「60線」です。従って、まずは解像度600dpiのグレーレイヤーを作成し、減色手法を「トーン化」。さらにそのトーン化の線数を60線なり70線にしてあげて、そのレイヤーをグレーで塗っていけば、一枚のレイヤーだけで複数の濃度のアミトーンを貼ることが出来ます。もちろんグラデーションもOK!
「どうしてもトーンレイヤーが増えてしまう…」と言う人は、このように同一線数のアミトーン、あるいは砂目トーンをグレーレイヤーで管理するようにすると良いかも知れません。

アミトーンレイヤー
トーン用グレーレイヤーのプロパティ。
表示方法が「自動」になっていますが、ちゃんと網点として表示されます。
トーン~ホワイト
トーン

上で描いたように、基本的に同一線数のアミトーンであれば一つのレイヤーにまとめられます。
僕の場合は10%、20%、30%あたりの濃度を使うことが多いため、あらかじめカラーセットに10%刻みのグレーのパレットを用意してあります。

トーン処理 トーン処理レイヤー
アミのトーンレイヤーは一枚。線数ごとに分けるため、場合によっては「トーン30線」等のレイヤーも新規で作成する。
縮小するとただのグレーに見えるが、実際はちゃんとトーン化されている(下図参照)。
トーンサンプル
ホワイト

デジタル作業の場合、アナログにおける「ホワイト」という作業は存在しません。しかし、人物のまわりを白く抜いたり、あるいは髪の毛のハイライトを表現する時など、「ホワイト」的な作業が必要になる時もあります。
そう言った場合、普通に白で消してあげても良いのですが、専用に「マスキングレイヤー」なるレイヤーが用意されています。
今回はそのレイヤーを使って、ハイライトやトーン削りを表現してみました。下記の赤く表示されている部分がマスキングレイヤーで、実際は白く抜かれます。

マスキング マスキングレイヤー
まとめ
今回はかなりシンプルなレイヤー構成のページをサンプルに、その作業工程をまとめてみました。
僕はPhotoshopでの仕上げ歴が長いため「どうにかしてPhotoshop的に、楽にトーン処理出来ないか」と考えた結果、このような仕上げの仕方になっています。
ただし、重ね貼りの時などはこのやり方だと「らしく」なりづらいため、普通にトーン素材を使う場合もあります。
どんな場合もそうですが、作業速度とクオリティとのバランスを考えて、自分なりの仕上げの仕方を体得していくのがベストだと思います。


topページの先頭へ移動