お問い合わせはこちらまで…>おぎのひとしへメール
Google WWW を検索 このサイト内 を検索
ホーム日記>アーカイブス

ホームページリニューアル完了


予告通り、ホームページをリニューアルしました。今回は全てのページがブログベース。 WordPressで作っています。
まだまだコンテンツ的には足りないのですが、順次こちらのブログから人気コンテンツを移植するなどして賑やかにしていこうと思います。

http://www.ogino-hitoshi.com/top/

 

なお、これを機にこのブログは更新停止といたします。ただしコンテンツはそのまま残しておく予定ですので、今までの記事が見られなくなるということはありません。
今までありがとうございました。

引き続き、おぎのひとしのホームページ「蜃気楼」をよろしくお願いいたします。

 

Pocket


更新停滞


2016年4月から東京工芸大学芸術学部マンガ学科の助教として働いています。今までも専門学校名ででの非常勤講師としての仕事は続けていたものの、基本的にメインは漫画家、イラストレーターでした。が、その生活がガラッと変ることになりました。

大学での講義だけで無く会議やその他の雑務。講師とは違い完全なるサラリーマンですので責任も段違いです。

そういったこともあり、主に「マンガ家やイラストレーターのための宣伝、営業ツール」として利用していたホームページやブログが完全に放置状態に。気がつけば一年以上更新も無く、2016年は一つも記事を投稿すること無く終える寸前でした。

とは言え、今でもマンガの仕事はありますし、「絵の仕事+講師」とも言える、教則本関係の執筆を依頼されることもあります。なので、そういった仕事を切らさないためにもホームページを無くすわけにはいかない。しかし、今の状態では更新する余裕がない…。

ということでまだ確定では無いのですが、2017年の春先ぐらいにホームページのリニューアルを考えています。具体的には全ページをWordPressで作る的な、ブログベースの物になる予定。
決まり次第また報告しますので、気長に待っていていただけるとありがたいです。

それでは、また!

Pocket


歩展2015


毎年、出身校のOBが中心となって行われるグループ展「歩展」、今年も開催です。

ただ今年は連休中が全て休み、と言う変則的な開催期間。ご注意ください。僕は初日のパーティーと最終日の搬出にはいる予定です。

歩展2015

Pocket


「おぎのひとし短編集1995-2006」公開中!


短編集表紙絶版マンガ図書館さんで、コロコロ時代を中心とした初期短編集が公開されました!
「暗黒歴史」とも言えるシモネタ満載のギャグマンガから、今でもファンの方が支持してくださっているストーリーマンガ、そして今回初公開となる受賞作まで!大ボリュームです。ぜひご覧になってみてください!

Pocket


イラスト・キャラクター基礎講座 開講


カルチャー宣伝イラスト4月より埼玉県吉川市、武蔵野線吉川駅から徒歩3分の場所にある「吉川カルチャークラブ」において「イラスト・キャラクター基礎講座」を担当することになりました。

人物や動物などのキャラクターを中心としたイラストが描ける実力を身につけることができる講座です。
基礎から応用まで順を追って指導するため、初心者でも安心。学ぶうちに、カラーでもモノクロでも思い通りのイラストが描けるようになるはずです。
個性を大事にしますので、皆さんが描きたいものを聞きながら、それに合わせたカリキュラムを用意します。みんなで楽しく描きましょう!

隔週日曜(月二回)、受講料は月額4,800円。4月19日が体験日となる予定です。まずはお気軽にどうぞ!→詳細はこちら

続きを読む »

Pocket


短編集についてのアンケート


ようやく原稿が揃いました!タイトルだけになりますが、収録予定の作品は以下のようになります。

  • おかもち太郎!(藤子賞受賞作)
  • ラブアタッカー ホレ太(デビュー作)
  • 霊能探偵ババスケ(異色ギャグ)
  • 美食戦士 リョウ(下品ギャグ)
  • イケイケ池小応援団!(最後のギャグ作品)
  • ワンダーチェイス(コロコロらしくないストーリーマンガ)
  • 北斗〜西遊記外伝(全四回・そこそこ人気ありました)
  • ALTO(全二回・ハイパーコロコロ掲載作品)
  • 古代巨人ザナトス(コミックブンブン掲載作品)

こんなカンジです。おそらく聞いたことの無いものが大半だと思います(笑)。

さて、原稿も揃ったことだし、あとはスキャンするのみ…といきたいところなのですが、実はそうはいきません
と言うのも、揃ったら揃ったで、ページ数が多すぎるんですね。全て合わせると、430ページほどになります。通常の漫画単行本が約200ページですので、その倍…と言うことになりますね。

もちろん430ページなら430ページのまま公開することも可能です。そもそも電子書籍で読む分には全く問題ありません。ただ、仮にこれを紙の書籍として注文するとなると…ちょっと問題が出てきそうなんですよね。

絶版マンガ図書館さんでは、特定の作品をオンデマンド印刷の単行本として購入出来るサービスがあります。現在、単行本未収録作品を中心にそのサービスを利用可能です。
そんなわけで、僕の短編集もそのうちオンデマンド印刷に対応してもらおうと考えています。しかしその時…一冊にまとめるのと二冊に分けるのとではちょっと差が出てくるんですね。下記をご覧ください。

1.一冊にまとめる場合
メリット…比較的安価
デメリット…厚くて読みづらい
2.二冊に分ける場合
メリット…通常の漫画単行本と同様の読みやすさ
デメリット…二冊分なので高価

こんなカンジです。要するに安いけど読みづらいのを取るか、高いけど読みやすいのを取るか、と言うことですね。

個人的には、厚いなら厚いでコロコロらしくて良いのかな…とも思うのですが、やはり通常の漫画単行本風の厚さが良い、と考える方も居るでしょう。

そこで質問なのですが、これ、どっちにするべきだと思いますか?アンケートを採って、多かった方に決めようかと考えています。
一週間程度、定期的にTwitterなどで告知しますので、ぜひこのブログのコメント欄に、コメントを寄せて下さい。
ただ、コメントが付かない可能性もありますので(笑)、その場合は表紙を描き下ろす手間が半分で済む、一冊にまとめる方向で行こうかと思います。

それでは皆様、よろしくお願い致しますm(_ _)m。

Pocket


短編集に向けての作業中


過去の作品拙著「大道魔術師少年ピエロ」が読める絶版マンガ図書館。現在こちらで僕の短編集を公開するための作業を進めています。

「少年ピエロ」のように単行本化されている作品であれば、それをスキャンしてそのまま公開すれば良いので比較的カンタンです。しかし短編の場合、わけが違います。作品が単行本化されていないため、どれをどのように収録するか…を考える必要があるのです。

例えば、原画からスキャンする場合、この原画にはタイトルロゴが入っていません。なので、簡素なフォントで漫画のタイトルを入れざるを得ない。しかしかといって雑誌からのスキャンだと、タイトルロゴ等と一緒にアオリ文句なども載ってきます。それがあった方がライブ感(?)が出て良い、と言う場合もあると思いますが、邪魔に思う人も多いでしょう。

と言うわけで現在、原画からのスキャンにするか印刷物からのスキャンにするかを悩み中です。場合によってはタイトルロゴだけこちらで新たにトレスして作り直し、それを原画に合成…とか言うことも考えられるかも。ただこの辺は、作業工程が複雑になりすぎるため実現可能かどうかはわかりません。

ともあれ、なるべく今年の早いうちに作品をまとめて、公開にこぎ着けたいところです。また、動きがありましたらこちらで報告させていただきます。

Pocket


あけましておめでとうございます2


泡羊娘 再びあけましておめでとうございます。「紙の年賀状が届く頃に年賀状のイラストを公開」と言ったものの、元旦にちゃんとした絵をアップしないのも申し訳ないかな、と思い急遽描いてみました。比較的僕らしくない、CGっぽい塗りの、ちょっと若向けのイラストです。
まぁそれでも、「ベタな年賀状」にはならないように気をつけて描いてみたつもりです。どうでしょうか。手の形とかが女性らしくなかったりなんだり詰め切れていない部分もありますが、そこそこ可愛らしく描けたような気がしています。

ちなみにCLIP STUDIO PAINTのみ使用。ブラシはデフォルトの「透明水彩」とエアブラシの「柔らか」以外は使っていません。このようなCGっぽい塗りの場合は意外とデフォルトでもいけてしまいます。

今年はこちらのブログでは、イラストの簡単なメイキングやTips、趣味の音楽のことなどを中心に書いていく予定です。あと、もしかすると大々的なデザインの変更も行うかもしれません(トップページとブログとでページの作り方が全然違う…とか、ヒドイ状態なのです)

そんなこんなで新年からバタバタではありますが、放置よりはマシということでお許し願えれば、と思います。
とりあえず、改めて、本年もよろしくお願い申し上げます。

Pocket


あけましておめでとうございます


2015newyear 色々とブログ等整備している最中です。春前には安定した更新が出来るよう整うはずですので、もう少々お待ち下さい。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Pocket


歩展2014


僕の出身専門学校のOB・OGが中心となって立ち上げたグループ展、「歩展(あゆみてん)」を今年も開催致します。
毎年開催時期がバラバラなのですが、今年の会期は10月4日~9日。時間は11:00~18:00ですが、最終日のみ正午まで。そして5日は休館日です。お気を付けください。

また、例年のようにパーティーも行われます。初日の4日、15:30~17:30です。食べ放題飲み放題となっていますが、かなりの人数が集まるためゆっくり作品を見るのは不可能かと思われます。僕も16時前後に行く予定ですが、息子を追いかけたりなんだり忙しく、あまり応対出来ないと思います。スミマセン。

他は、6日の月曜日は午後から会場に行く予定です。会場で見つけたら気軽に声をかけてください。

この展覧会、参加者はプロからアマチュア様々ですし、作品も平面だけでなく立体やマンガ……等々、かなり雑多です。一般の方も楽しめるとは思いますが、それ以上に絵を仕事にしようとしている学生さんなんかは、より興味深く見ることが出来るんじゃ無いかな、と思います。
お近くにお立ち寄りの際はぜひぜひご覧になっていってください。

歩展DM1

歩展DM2

Pocket



facebook

リンク

ニュース

マンガでよくわかるシリーズ94

正露丸のひみつ

レイヤー本
発行:学研
著者:おぎのひとし

はトランペットのソロ演奏者(えんそうしゃ)。きんちょうするとすぐおなかがいたくなっちゃって、本番では失敗ばかり。そんな時、トランペットの得意なユーリが転校してきて、さあ大変!お腹の薬「正露丸」の力で正はライバルに勝てるのか!?
……これを読めば、正露丸のひみつがわかります!


ニュースアーカイブ

関連商品

Clip Studio Paintマンガ制作テクニック―最新ソフトウェアで描くデジタルマンガ (I/O books) コミックイラスト素材集 キャラクターのためのブラシ&テクスチャ(DVD-ROM付) 陰影と質感がわかる! はじめてのデジ絵 (廣済堂マンガ工房) こんどこそ!レイヤーの使い方が本当にわかる本 (絵師マスターズガイド) ペイントツールSAI ブラシ設定&カスタマイズガイド スーパーアタリデッサン―立体的なキャラを作画する基本テクニック 分数―分数の表し方からかけ算わり算まで (くもんのまんが算数シリーズ 1) 図形―三角形・四角形から面積・体積の計算まで (くもんのまんが算数シリーズ 2)

カレンダー

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ